冬は暖かく

長袖のキャバドレスを着ている人は少ない気がします。ストールですら腕を隠すと失礼にあたると思う人もいたため、長袖のキャバドレスを着ている女の子はほとんどいませんでした。しかし、長袖のキャバドレスにも素敵なデザインのドレスもあるため、一部の女の子には人気です。派手よりもシックなデザインには長袖が合って、大人な雰囲気を持つ女の子が着用していました。また少し年齢が上の女の子が着ていたようにも思います。長袖を着るなら、ドレスよりもスーツを選ぶ人が多かったです。長袖のキャバドレスは商品自体も少なかったことが一つの理由だと思います。冬場に肩や腕を出すことが寒かったので、キャバドレス、キャバワンピースの袖ありを選ぶことが悪いイメージでなかったり、着ている女の子が多かったらいいのになと思っていました。

あまり良い印象を与えるとも思いません。なぜなら、肌を必要以上に隠すとお客さんとしては物足りなさを感じるからです。また隠したいなにか、例えば刺青・タトゥー・あざなどがあるのかと詮索する人もいるため悪い印象を持たれる場合もあります。長袖のキャバドレスは腕が隠れますが、シースルーになっていると逆にセクシーさがあり、着る女の子によっては際立つとも思います。また露出が多すぎる衣装よりも腕は隠して足は出すといった衣装のほうが好感を持つ男性がいるようにお客さんのなかにも、後者のほうが好感を持たれる場合もあると思います。デザインによっては長袖のキャバドレスも魅力的であると思います。また寒い冬に無理をして肩や腕を出して接客するのも見ている側もどうかなと思います。少しずつ常識化したらよいと思います。