藁にも縋る気持ち

20代禿げって正直恥ずかしいですし、気軽に友達に相談することもできません。友達に相談できないどころか、友達にどうやって隠そうかな。職場ではどうやって隠そうかな。とかそんなふうにネガティブに考えてばかりでした。そんなとき、育毛リゾゲインという育毛ケア商品を知り、使用してみることにしたんです。正直半信半疑でした。でも、もうこれに頼るしかないと前向きに考えるようにしたんです。昔みたいに好きな髪型をしたかったですし、女性と話すときも自信をもって堂々と口説きたかったんです。もうどうにでもなれくらいの気持ちだったんですが、実際に使ってみると徐々に効果があらわれました。期待しておいてなんですが、正直自分でも驚きました。髪が以前より明らかに太くなってきたんです。少しずつではありますが、若ハゲが改善できたので希望がもてましたし、自信をもって毎日を過ごすことができています。

これは若ハゲで悩む友達の話しなんですが、先日、ハゲが原因でフラれてしまったそうなんです。真剣に悩んでいたので私も話しを聞いてみたんですが、なにやらハゲていることよりもハゲていることで自信がもてないことが原因だったみたいです。女性は頼りがいがある男性が好きです。ハゲていても堂々としていれば頼りにならないなんて思われないでしょうが、やっぱり男性ならそういうの気にしますよね。その友人は「自分はハゲているからダメな男なんだ」とマイナスにばかり考えてしまったようで、そこが女性からナヨナヨしていると見られてしまったのでしょう。そこで私は育毛リゾゲインを薦めてあげました。育毛剤は数多くありますが、一番に効果が実感できたのがこれだからです。その後、彼のハゲも改善したみたいで、今では性格が変わるほどです。見た目が変わると性格も変わるって本当なんですね。