私の肌にも合うものがきっとあるはず

私は中学生のころから顔のニキビに悩まされていました。特におでこや口のまわりにできるようになってしまい、特に思春期の頃は人の目が気になっていて隠したくてたまりませんでした。口の周りは隠すことができないのですが、おでこは前髪で隠そうとしました。だけど髪の毛で覆うことでかえって清潔ではなく繰り返しニキビができてしまい、悪循環でした。。母親に相談して薬局へ行き、ニキビに効く薬を探しました。塗り薬を購入し、こまめに塗布して様子を見ていましたがすぐにきれいな状態にはなりませんでした。焦る気持ちをおさえつつ、根気よく毎日こつこつ続けていくことが大事なんだなと考えさせられたことを思い出しました。それは30代になった今でも思います。

私は中学生のころはニキビ、20代になってからは吹き出物(ニキビと一緒だと思いますがあえて表現を変えました)、30代になった今ではシミが少し気になりだしました。自分の肌に合う化粧品を探すのは結構大変なことだと思います。若い時は自分でこれがいいかなと勝手に考えて洗顔料などを購入していましたが、やはりそれでは効果が出るものもあれば特に変わらないものもあります。ビタミンKクリームを使った敏感肌用化粧品も以前と比べて種類が多くなったなと感じます。自分に合うものを探す時はまず自分の肌の状態をよく知ることが重要だなと思いました。その上で合ったものを使っていかないと良い効果も得られません。当たり前のことかもしれませんが、基本的なことから見直すことの重要さを改めて感じました。